大学にある産業界で学ぼう

産学官共創コース大阪大学 大学院 工学研究科

参画組織

インターンシップ・オン・キャンパスの参画組織は以下の通りです。 (2019年4月現在)

【領域】

アルバック未来技術協働研究所 研究所HP 企業HP 
・研究テーマ:窒化物半導体成膜技術、量子ドット蛍光体、細胞凍結保存技術、新規蓄冷材、単結晶Ge半導体、結晶異方性制御ターゲット材料の開発、など
・産業界側教員:村上 裕彦 招へい教授 ((株)アルバック 未来技術研究所所長、シニアフェロー)、水越 克彰 招へい教授((株)アルバック)
・阪大側教員(窓口):山本 孝夫 教授 (ビジネスエンジニアリング専攻)

NTN次世代協働研究所 HP
・研究テーマ:AIを用いた軸受の寿命予測、IoTに向けた軸受の高機能化、次世代自動車向け高機能モジュール開発、など
・産業界側教員:赤松 良信 特任教授 (NTN(株))
・阪大側教員(窓口):倉敷 哲生 教授 (ビジネスエンジニアリング専攻) 

Hitz協働研究所 研究所HP 企業HP
・研究テーマ:バイオマスポリマー用途開発、再生医療装置開発、AIによる遺伝情報の解析、など
・産業界側教員:中澤 慶久 特任教授 (日立造船(株))、鈴木信昭 招へい准教授 (日立造船(株))
・阪大側教員(窓口):倉敷 哲生 教授 (ビジネスエンジニアリング専攻)

 

【協力領域】

カネカ基盤技術協働研究所 研究所HP 企業HP
・研究テーマ:マテリアルズ・インフォマティクスを活用した革新材料の開発、など
・産業界側教員:小澤 伸二 特任教授 ((株)カネカ)
・阪大側教員:南方 聖司 教授 (応用化学専攻)

産総研 PhotoBIO-OIL HP
・研究テーマ:細胞内分子のイメージング技術の開発、高性能バイオマーカー計測用バイオチップの開発、IoTバイオセンシング技術の開発、など
・産総研側教員:藤田 聡史招へい教授 (産業技術総合研究所)、脇田 慎一 招へい教授 (産業技術総合研究所)
・阪大側教員:民谷 栄一 教授 (精密科学・応用物理学専攻) 

日本製鉄材料基礎協働研究所 研究所HP 企業HP
・研究テーマ:鉄鋼材料、鉄鋼プロセス、環境・エネルギー、機械学習、など
・産業界側教員:杉山 昌章 特任教授
・阪大側教員:田中 敏宏 工学研究科長(マテリアル生産科学専攻)、渋谷 陽二 教授(機械工学専攻)

マイクロ波化学共同研究講座 HP
・研究テーマ:
①マイクロ波を用いた有機化学、無機化学の分野
②マイクロ波反応系構築開発、スケールアップ開発
③マイクロ波効果の解明、反応器設計のための電磁場解析・流体解析、マイクロ波反応実験・研究、など
・産業界側教員:塚原 保徳 招へい准教授 (マイクロ波化学(株))
・阪大側教員:安田 誠 教授 (応用化学専攻) 

ローツェライフサイエンス細胞培養工学共同研究講座 HP
・研究テーマ:再生医療技術を用いた細胞培養装置およびシステムの開発、など
・産業界側教員:幡多 徳彦 招へい准教授 (ローツェライフサイエンス(株))
・阪大側教員:紀ノ岡 正博 教授 (生命先端工学専攻)